いつか誰かと交換日記!?


過剰に期待されると…~古畑任三郎に学ぶ~


石黒賢
十五の時でした。初めてスプーンを曲げたのは。
それからテレビや雑誌に。
本当に出来たんです、さっきのはトリックですけど。。。

二十歳の頃までは確に僕には色々な才能があった
本当です
その人の目をみれば過去に何があったか分かったし
調子がよければ手を使わずに電球を割ることだって出来た
でも、二十歳を過ぎてから段々感じなくなって。

でも周りは許してくれない
僕が何か変わったことをしたり言ったりすることを待ってる
期待には応えないと


田村正和
どうしてもっと早く本当のことを言わなかったんですか?
石黒賢
それどころじゃなかったから!
本当のこと言うには僕が嘘をつきすぎてたから…

でも信じてください
僕には力があった。今だって…


― 力をこめる石黒―
突然スタジオ上からセットが落ちる
笑う石黒賢

大道具さん
ゴメンゴメン、手滑っちゃった。怪我しなかった?
近寄る田村正和
そんなものです
b0064943_11123978.jpg

放送当時、僕はこの回はあまり好きではありませんでした
今回も、鹿賀丈史さんが犯人役の回を見たくてレンタルしたところ
一緒に入っていたのでおまけとして拝借したのですが、
初見から5年以上経ってからみた作品の印象は少し変わっていました

撮影現場が実は今住んでいる家の裏手にある登戸周辺の多摩川で行われていたことなど
あの頃気づかなかった事に気づき、作品全体に対してより愛着が湧いたせいなのか
犯人役の石黒賢さんの心情に前より少しだけ近づき
感情移入して考えることが出来るようになりました
それが上のやりとりです
b0064943_11132285.jpg

三谷さんの作品で数多く扱われる「他人からの期待」ですね

他人は勝手に期待する…

実は大して見てくれてはいないのかもしれないのに。
それでも他人からの期待にしっかりと応えなくては…と思い行動する方って、
実はもの凄く心優しい方なんじゃないかなって僕は思います。
だって期待され、それに応えることが出来たら嬉しいじゃないですか

期待に応えなきゃという強い気持ちが引き起こした悲劇。
確かに殺人はいけないことです。
だけど、殺人に至らしめた周りの過剰な期待も動機の一つとして考えられるのではないかな…
そんな風に同情してしまう僕は人間として甘いのでしょうか?
[PR]
by ken-roku | 2005-08-18 11:13

<< 割り勘~心もそんな風に割り切れ...      他人のスープで舌を火傷するな! >>

次回出演 トーキョーお座敷レビューサルメ「センチメンタルジャーニー!!」10月12日~15日@築地ブディストホール ヨロシクです
by ken-roku
以前の記事
最新のトラックバック
Try the cla.
from Don't mess up!..
notebook com..
from notebook compu..
bahia principe
from bahia principe
blind deer h..
from blind deer hun..
url
from url
ducati.com
from ducati.com
bob could lo..
from bob could love..
alice dodd
from alice dodd
got it twisted
from got it twisted
born free mo..
from born free moto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧